Airpods proを買いました。(Apple製品に支配されるミニマリスト)

スポンサーリンク

Airpods Proを買ってしまいました。

昨年12月にAppleWatchを買ってから10か月、3つ目のApple製品です。

 

 

Airpods Proは前から気になってはいたけど、外でイヤホンを使うという機会がなくて買わずにいました。

でも電車通勤でTOEICの勉強をしたい!という大義名分をかかげて自分を納得させ、ついに買ってしまいました。

 

ワイヤレスイヤホンには詳しくないし、ガジェット系にも疎いのでレビューとは違うけど、

AirPods proはこんな感じで、こんな風に使ってるよ〜というのを書きたいと思います。

 

基本スペック

人生初ノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホンなので、他のメーカーとの比較はできませんが、基本スペックだけさらっとご紹介します。

 

ノイズキャンセリングできる

初代AirPodsとの一番の違いはノイズキャンセリングができることです。

 

ノイズキャンセリング、ノイズキャンセリングオフ、外部音取り込みモードの3つがあり、iPhoneの音量設定のところで簡単に切り替えができます。

 

Airpods Proを外さなくても周囲の音を聞くことが可能なので、電車のアナウンスを聞きたいとき、話しかけられたときにいちいち外す必要がありません。

 

Airpods Proにもボタンがついているので、そのボタンを長押しすればノイズキャンセリングのオンオフを切り替えることができます。

すぐにiPhoneと接続できる

電源のオンオフという概念がないので、使う場面になったらケースから出して装着するだけでOKです。

設定しておけばイヤホンを装着したときに自動的にノイズキャンセリングされ、周囲の音が聞こえなくなります。

 

あとは再生すれば音が聞こえてきます。

使わないときは再生中でもAirpods Proを耳から外してケースにしまってしまってOK.

 

接続して、電源を入れて…という手間がないので使いたいときにぱっと使えてぱっと収納できます。

 

AirPods Proはこんな場面で便利

もとはTOEICの勉強にかこつけて買ったものですが、ノイズキャンセリングつきだとイヤホンを使いたい場面でも何かと便利で、日常のあらゆるシーンで活躍します。

 

通勤時間

通勤電車でTOEICのリスニングをしたり、音楽を聴くときに使います。

ノイズキャンセリングすれば、周囲の音がほとんど聞こえなくって勉強もはかどります。

 

電車に乗ったらケースからぱっと出して装着して、静かな環境ですぐに勉強が始められます。

Airpods Proのボタンを何回か押して再生・一時停止もできますが、勉強中は頻繁に再生・一時停止をするのでiPhoneで操作することが多いです。

 

勉強しないときは音楽を聴いたりしていますが、ノイズキャンセリングをすれば音量を上げなくても音楽を楽しめます。

 

朝ヨガのとき

朝に時間があって気が向いたときはヨガをやっています。

朝は夫がテレビをつけてしまうので、YouTubeを見ながらヨガをやるときにテレビの音が邪魔で…

AirPods Proがあればテレビの音を気にせずにヨガができます。

 

その時はSurfaceのタブレットとAirpods Proを接続して使っています。

 

お互い、聞いている音の邪魔にならなくて済むのでストレスがかからなくてよいです。

 

Airpods Proのある生活

Airpods Proを使ってみて2か月ほどですが、買ってみてよかったと思っています。

どうせイヤホン買うならワイヤレスがいいし、ノイズキャンセリングつきがいいし、Appleの使ってみたい…という気持ちで買ったものだけど、毎日使っているので十分活躍していると思います。

 

 

Apple製品はどこで買っても値段が変わらないし、家電量販店のポイント還元率もほとんど変わりません。

私は楽天リーベイツを経由して(1%還元)、ビックカメラSuicaカードで(1%還元)買いました。

もし購入を検討されている方は、使っているサービスを組み合わせて購入するのがいいかなと思います。

 

 

楽天リーベイツを経由してネット通販を使うと意外とポイントがたまるので、まだ使ってない方はぜひ使ってみてください。

 

Rebatesお友達紹介キャンペーン

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村