ミニマリストらしく?、段ボール1つでお引越し。

スポンサーリンク

こんにちは、なおです。

年末年始は彼とおうちでまったり過ごしていて、ブログを書くということを完全に放棄しておりました。「ブログ書かないの?」というふいにされる質問に毎度胸がちくりとしておりました。(1文字でも書けばよかったよね)

新年、初の記事ですが、お引越ししました、というご報告です。

 

生活に必要なものは段ボール1つ分しかなかった。
引っ越しをするにあたり、宅配便で送れるくらいの荷物にまとめて引っ越しをしようと決めていました。段ボールにまとめて送れるなら引越し業者に頼むより断然楽だし費用も抑えられます。
今回は私が彼の家に引っ越す形だったので、生活に必要な家電や寝具を運ぶ必要はありませんでした。
となると、必要なものは以下となりました。
  • 服(オールシーズン)、服飾雑貨
  • 必要最低限の書類
  • 何冊かのノート
  • お気に入りの食器
  • ハンガー

ミニマリストなので物は少なめなほうだと思いますが、住む場所に必要なものがそろっているなら個人で必要なものなんて大した量ではありません。

段ボールはAmazonで買い物したときに送られてきた120cmサイズのものです。

この段ボールに詰めていったら余裕で収まりました。自宅で使っていた無印のアルミハンガーやスカートハンガーを入れる余裕もあったので詰めてしまいました。
ここ2年ほは服は1シーズンで着倒すことが多かったので春夏の服もほとんどなく、無印の「たためる仕分けケース」に収まりました。
段ボールが届くまでの着替えの冬服は36リットルの(2~3泊ぐらい)スーツケースに詰めて移動とともに持ち運びました。靴下と下着は手持ちがなさすぎてスーツケースに収まりました。
段ボールに物をまとめて思ったこと。
120cmサイズの段ボールに自分の持ち物がほぼ全て収まってしまったのを見て、自分が生活に必要としている物の少なさを改めて実感しました。
服は新しいシーズンにヘビロテで着てしまえば次のシーズンまで持たないし、お気に入りの食器だって割れたらそれまでで、来年には好みも変わっているかもしれないし、どれもが今後何年も持っているものだとは思えませんでした。
物として大切にしているのがほとんどないという事実は少し寂しいことなのかもしれないけど、目の前のこの持ち物たちだけで生活できると知ったことでとても身軽に感じました。
パッキングに時間はかからなかったし、現在進行形で使っている持ち物を把握することができたし、海外だってこの荷物を送れば生活できるのだと知れたことでとても自由な気分です。
ミニマリストのこれから。

ツイートにある通り、彼と暮らすことになりました。

彼は全くミニマリストではないし、ミニマリストに興味もない人です。

私の荷物は段ボール1つ分とスーツケース1つだけだけど、彼は私の何倍もの持ち物があります。

何年もミニマリストとして物が少ない生活をしてきた私がミニマリストでない人と快適な生活を送れるのか、どうやって歩み寄ればいいのか、これから試行錯誤しながら模索していく予定です。

 

これからも引き続きよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村