色をおしゃれに組み合わせるスキルがないので、持ち物の色を統一してみる。

スポンサーリンク

こんにちは!なおです。

タイトル通り、色をおしゃれに組み合わせるスキルがないので、持ち物の色を統一しています。

今は持ち物の色はネイビーがほとんどです。持ち物と言っても、ポーチから服飾雑貨までさまざまです。

ネイビーが大好き!とかいうことではないのですが、気づいたらネイビーばかりになってしまっていました。

白みたいに汚れが目立たないし、黒もちょっと使いづらいし、という安直な理由です。

ベーシックな色なので何と合わせてもいいし、飽きないので気に入っています。

持ち物の色を統一するメリット

色の組み合わせを考えなくていい

これは主に服飾雑貨を使うときに良さが発揮されます。

ネイビーの持ち物をリストにしてみました。

・帽子
・リュック mont-bell デイバック ポケッタブル ライトパック
・スニーカー
・ポーチ

例えば、これらがばらばらな色だとしたら、洋服と合わせて色の組み合わせを考えなくてはならければなりませんが、色が同じであればそんなことを考えなくてもよくなります。楽です。

買い物で迷わない

帽子でもバッグでも靴下でも、同じ形で色違いで売っているものはたくさんあります。

ベーシックな、ベージュやホワイトから差し色になるレッドまで、何色かで展開されているものが多いですが、ネイビーはたいてい販売されているので、選ぶようにしています。

物を買うときはこの色!と決めてしまえば買い物でも迷うことがなくなります。楽です。

お買い物で「あの色がいいかな~♪」「やっぱりこっちの色がいいかな~♪」というのは特にやらなくてもいいという方はおすすめです。

持ち物の色を統一するデメリット

私は特にデメリットを感じてはいないのですが、強いて挙げるとすれば、

ネイビーの帽子とリュックとスニーカーを外に持っていくと、「見た目がネイビーな人」になるというくらいです。

服でネイビーはそんなにないので、ネイビーネイビーはしてないと思います。

オールホワイトコーデ、オールブラックコーデとかもありますし、オールネイビーでも全然おかしくいないはず。

まとめ

服や持ち物の色をおしゃれに組み合わせるのってけっこう難しいです。
色の数が多いほど雑多な感じになるので、お気に入りの色を3色くらいに絞る、アイテムの色を統一するなどしてみると、うまくまとまるかもしれません。
私はファッショニスタは目指してないし、楽なのもあって小物の色はこれからもネイビーの予定です。
おわり。