ミニマリストの在宅勤務。

スポンサーリンク

転職してほぼ在宅勤務になりました。

出社やお昼休みに縛られない分、起きる時間もお昼ご飯も日によってまちまちになりがち…

そして駅との往復の徒歩、社内でばたばたと動くということがないとこんなにも運動不足になるのか…ということを体の不調とともに実感しています。

 

でもせっかくの在宅勤務、朝と夜の余裕があるからゆっくり過ごしたい、

そんなの在宅勤務ルーティンをご紹介します。

在宅勤務の朝

起床は7時半~8時。

出社していたときは7時前に起床していましたがだんだん起床時間が後ろ倒しになってきています…

ケトルに水を入れて、あとで飲む白湯を沸かしている間に歯磨きと洗顔。

洗面所から戻って白湯を飲んだらヨガマットをセットしてYoutubeの動画で10分ほどヨガをします。

朝はリビングに日差しが入るし、ストレッチ程度でもすっきりして体も温まって気持ち良いです。

朝は食欲があまりないので最近は甘酒を飲んだり、りんごヨーグルトを食べたりしています。

朝食後はコーヒーを淹れて、ソファでぼーっとスマホをいじりながらカフェオレをちびちび飲みます。

この時間で本を読みたいと思って図書館で本を借りているけどなんとなく手が伸びないのがもったいないと常々思っている…

カフェオレを飲み終わる頃に始業になるので、リビングのデスクで仕事を始めます。

在宅勤務の昼

12時前になると自室で仕事をしている夫が出てくるので、2人で昼食を作ります。

お手軽なのでパスタやそばが多いです。

この日は冷蔵庫にある食材でパスタ。

私がリビングで仕事をしていると飲み物などを取りに来る夫が気を遣わないといけないので、

お互いの午後の打ち合わせ予定をシェアしたり、仕事の話をちょこっとしたり。

 

常に忙しめの夫は食べたらすぐに自室に戻るので、後片付けをします。

といっても朝と昼の食器を食洗器に入れてボタンを押すぐらい。

 

私はまだ時間があるので紅茶を入れて一息ついたり、眠くなりそうだったらベッドで15分くらい仮眠をしたりします。

13時前後から午後の業務開始。

在宅勤務の夜

私はまだ忙しくなっていないので、終業後はお風呂のスイッチを入れ、気が向いたらここで軽めのヨガをしたり、食材がなければ買い足しに行ったり。

1日パソコンの前に座っているせいで体ががちごちなのが嫌で、なるべく伸ばしたり、歩いたりする時間は確保したいところです。

 

お風呂もゆっくり浸かって体を温め、凝りがひどくならないようにマッサージしたり。

さっぱりして体が温まったら夕食を作り始めます。

残業終わりの夫が部屋から出てきたら一緒に食べ、そのあとはひたすらまったり…

夕方も余裕があるのでこの時間でブログを書いたり勉強したりしたいところですが、なかなか難しいですね。

 

 

せっかく在宅勤務ができるから自由時間をもっと有効活用したい。

運動不足で不健康になるのではなく、自分でリズムを作って生活をして健康でいたい。

自分を律するころの難しさを感じるけど、それができてきたらまた次回の記事でシェアします。