仕事終わりのセルフケアで自分を癒す。

スポンサーリンク

転職してからほぼ出社なしの在宅勤務、

退勤後は体ががちがちで、日々肩こりや首こりと戦っています。

朝から夕方までずっと家でパソコンと向き合っているので体はがちごち、

目もつかれていてかなり疲れています。

そんな私がリフレッシュして癒されたいと思ったときにやっていることを3つ紹介します。

その時々でできることをやっています。

短時間でもヨガかストレッチ

仕事終わりに10分程度のストレッチやヨガをやると、

日中同じ姿勢で硬くなった体が多少なりともほぐれて気持ちがいいです。

本格的にひどくなる前に少しでもいいからほぐしておくのが大事だなと最近は思ってます。

 

自然の中に身を置く

近くに河川敷があって、週末にたまにでかけたりしていたんですが、

平日の夕方にちょろっと出かけるだけでも気持ちがリフレッシュできることに気づきました。

河原に着くのはちょうど夕日が沈む時間。

レジャーシートも持って行って、日が沈むのを眺めていたんですが、

平日に河原で日が沈むのを眺められるって贅沢だなということに気づきました。

 

夏になったら蚊が出てきて無理だろうけど、

できるだけ自然があるところにいたいなと思いました。

近くに公園や緑地や河原がある方はぜひ短時間でもでかけてみてください。

 

お風呂で徹底的に癒される

この日はお風呂に水出しのジャスミンティーとろうそくを持ち込みました。

しばらく湯船に使ったら汗もかくので水分補給として。

ろうそくは雰囲気が出るしぼんやり眺めているだけでも癒されます。

せっかくろうそくをつけるのでお風呂の電気はつけません。

最近無印で購入した「ほぐしテトラ」でほぐれろ~と念じながら足や肩をもんでます。

 

全身洗ったらお風呂でスキンケアまでしてしまいます。

ヴェレダのボディオイルはずっと愛用しているアイテムです。

 

仕事終わりっていつもぐったりしていて、

ご飯とお風呂とスマホを眺めるだけになりがちですが、

セルフケアする時間を持つというのは個人的に大事だなと思っています。

これからもこういう時間を持っていたいなーと思う平日です。