ミニマリストは旅行先での自由時間が増えます。

スポンサーリンク

こんにちは!

ミニマリストなおです。

先週、10月19日~22日に友人2人と瀬戸内国際芸術祭に行ってきました。

友人は中学の同級生で、どちらもミニマリストではありません。

誰かと4日間も旅行するという経験がほとんどないのですが、ミニマリスト視点で見ると新たな発見があったのでシェアしたいなと思った次第です。

 

ミニマリスト視点での気づき

旅行中にこんなツイートをしまして、こちらに関して少し詳しく書こうと思います。

やっぱり自分が一番持ち物が少なかった

今回の移動手段は羽田から高松まで飛行機でした。

荷物の預け入れ、引き取りの時間を短縮すべく、機内持ち込みサイズの旅行バッグにしようと事前に話していました。

3泊4日の国内旅行なのでそこまで荷物は多くならないだろうと思っていたのですが、友人からは「荷物が全部入りきるか不安…」との声が…

空港で待ち合わせた時には機内持ち込みできるくらいの大きさのバッグを持ってきていましたが、2人とも詰め込んでいたようでバッグがとても重そうでした。

バッグが重いと移動中も疲れてしまうし、階段の上り下りも辛くなるので体力を消耗しますね。

私は小さめのスーツケースを持っていきましたが、3分の1は余裕があるぐらいで荷物を詰めました。身軽最高!

自分に4次元ポケットがあった

4次元ポケットって?え?ですが、確かにあったんです、旅行中。

こんな感じ。

旅行中の荷物は一見少ないのですが、わりと色々なものを持って行ってます。

チケット類は紙で印刷しますし、栓抜きの機能がついたカラビナを持ってますし、湿疹に効く塗り薬、整腸剤、温泉に行くときは顔や髪に使えるオイルも持って行きました。

友人が「○○持ってくるんだった~」と言ったものは全てその場で私のカバンから出てきました笑

物持ちすぎですね。

ただ、一つ一つのものは小さいのを吟味して持っていくので、使いそうのない雑貨でバッグがぱんぱんにならないというだけです。

我ながら活躍したな、と思いました笑

探し物をしなかった

これは持ち物が少ないに関係することなのですが、持ち物が少ないメリットの1つが「探し物がなくなる」です。

ミニマリストになってから探し物をする時間はほとんどなくなっていたので、友人の一人の探し物の多さにびっくりしてしまいました。

瀬戸内の島では現金払いの場所が多く、友人の一人がバスのチケットや船のチケットを見失うことが多々ありました。

スーツケースから物を出す時も「あれどこやったんだっけ~」の回数が多くて、物が少なかったら旅行中の探し物の時間が少なくなるのでは…と思ってしまいました。

準備、身支度が早かった

朝の身支度は普段から早いです。

起きてから20分くらいで家を出られます。

前日のうちに着る服を置いておいて、バッグにも必要なものを入れておいたら

朝は歯磨きと洗顔と着替えで終わりです。

普段からやっていることを旅行先でもやっていただけなのですが、他の2人と比べたときに差がすごいなと思いました。

2人とも私が起きる前から身支度を始めていたのですが、どうやら髪のセットとメイクに時間がかかっていたようでした。

女子ですね。

ちなみに同級生なので友人とは同い年です。私も一応女子です。

私は髪をとかして、顔に日焼け止めを塗り、口紅を塗ったら終了です。3分くらいで終わってしまいます。

 

まとめ

誰かと旅行するとその人の個性とか生活が垣間見えて面白いです。

今回は友人と行動だったので私がてきぱき準備しても待っている時間が多かったのですが、

一人だったら自由時間がけっこう増えるのではないかと思いました。

準備にかける時間や探し物をしないことで浮いた時間はそのまま自由時間になります。

頻繁に旅行する方はぜひ持ち物少なめで家を出ましょう!

 

 

おわり。