いつも買っている日用品が本当に必要なものか疑ってみる

スポンサーリンク

こんにちは!なおです。

皆さんの家にあるものは、すべて生活に必要なものですか?

持ち物一つ一つについて持っている理由を明確に説明できる人は少ないのではないでしょうか。

私もミニマリストを名乗っておきながら、「これはいらないかもな…」と思うものを持ってしまっていたりします。

いらないものはまだ家に眠っている

ミニマリストに興味はあるし、ある程度の不用品は捨てたつもりだけど、まだなんとなく物が多い気がする、という人にいらないものを探すのがおすすめです。
明らかなゴミや使ってないものは捨てるのは簡単なのですが、捨て終わってしまうともうこれ以上すてるものはないのかなと思いがちなのです。
しかしここからもう一歩進むとさらに快適な暮らしが待っています。

うちにあった、いらないもの

普段使っている日用品に、実はなくてもよいものが眠っていることがあります。
先日こんなツイートをしました。

日用品って、なんとなく昔から惰性で使っているものが多いなと感じます。

1回買って使い始めると、それ以降もなんとなく必要な気がしてなくなると買いに行く。

ミニマリストになってから、普段持っているものが本当に必要なのか疑う、ということをし始めたらなくても困らないものは意外とたくさんありました。

 

✔︎柔軟剤→主に香りづけに使っていたが、香りの付いている洗剤にした

✔︎バスタオル→バスタオルが乾きにくいのでフェイスタオル2枚使いにしたら洗濯が楽に

✔︎アルミホイル→そもそも出番がほとんどなかった

✔︎砂糖→砂糖断ちをしてみたら肌の調子がよくなったので料理に使いたくなくなった。甘味はみりんなどで代用

✔︎小麦粉→お菓子作りに欠かせなかったが、お菓子を作らなくなったら料理で使う機会がほとんどないことに気づき、賞味期限切れになっていた

いらないものを探すメリット

出費が浮く

今まで買わなかったものを買わなくなる分、出費が浮きます。

なくなったら定期的に購入する日用品は固定費になると思ってます。

上のツイートではクレンジングを例にしていますが、

そもそもメイクをしなかったら化粧品のお金もかからないし、それを落とすクレンジングのお金もかからないですよね。

スペースが空く

例えばお砂糖を入れるポットの空間なんて、目に見えないほどの小さな空間ですが、

そうやって家の中に小さな空間がぽつぽつ空くと、家の中が余白のある心地いい空間になると思います。

まとめ

家の中にあるいらない衣服や雑貨類を一通り処分してしまったら、

いま使っている日用品にいらないものがないか探すのがおすすめです。

いまのうちに使い切ってしまって処分してしまえば、年末の大掃除も去年よりは楽になるはずです!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村