ミニマリストの愛用品、イッタラの食器たち。

スポンサーリンク

シンプルなデザインの食器が好きで、イッタラの食器を愛用しています。

 

今年はリネンのティーマを買い足して数が増えたので、我が家にあるものをまとめてみました。

iittala のTeema(ティーマ)とは

公式サイトによると、

シェイプやサイズ、色の組み合わせが無限に楽しめるティーマ。機能性と耐久性に優れ、洗練されたシルエットのティーマは、デザイナーのカイ・フランクが「必要な装飾は色だけ」と語っているように、1952年の発売以来、変わらず愛され続ける、タイムレスなデザインがその魅力。

 

デザインはかなりシンプルです。

イッタラはフィンランドのブランドですが、和食との相性がいいので我が家では毎日使っています。

ティーマは定番の色もありますが、毎年新しい色が発売されるので、気に入った色があればその年のうちに買い揃えてしまうのがおすすめです。

 

セラドングリーンのプレート、ボウル

こちらが結婚前からずっと使っているセラドングリーンのプレート21cmと、ボウル15㎝です。

なぜこの色を選んだのかもう覚えていないのですが…たしか東京のイッタラの店舗のセールでこの色が安かったのでとりあえず二人分を買ったのだと思います。

我が家で始めてお迎えしたお揃いの食器です。

ボウルは片方割れてしまったのですが、フリマサイトで同じ色のものを探して買い足しました。

ロットが違ったためか買い足したボウルの色だけ他のものと色味が違いますが、あまり気にしないようにして使っています。

プレート21cmはおかずを盛ったり、トーストをのせたり、ワンプレートランチにするのに大活躍するサイズで出番がない日がないです。

ボウル15㎝はシリアルボウルぐらいの大きさで、シリアルを入れたり、スープをよそったり、汁気の多いおかずを入れたりするのに活躍しています。

 

リネンのプレート、ボウル、マグ

リネンは今年発売された色で、ネットで見たときからとてもかわいくて全部揃えたい…と思ってまとめて色々買ってしまいました。

奥から時計周りに、プレート17㎝、マグ0.3L、プレート12cm、ボウル15㎝です。

プレート17㎝はケーキをのせたりするのにちょうどよく、プレート12cmは醤油皿や薬味皿として使えるような小ぶりなサイズです。おやつにクッキーを2枚くらいのせるのにもよいです。

ティーマのマグは初めて買いましたが、どっしりし過ぎず、ちょうどいいくらいの容量です。

created by Rinker
¥3,080 (2021/09/28 19:29:24時点 楽天市場調べ-詳細)

 

大きめなサイズが好みの方は0.4Lのほうがよいのかもしれません。

せっかくだし21㎝も2枚買っておきたいとひそかに思っています。

 

レンピのグラス

夫婦二人ともビールが好きなので、週末に飲むときはレンピのグラスを使っています。

脚付きだけど安定感があって、ぽってりした感じがかわいいです。ワイングラスとしてもよいです。

これも結婚前から長いこと使っていますが、最近片方を割ってしまい、買い足しました。

これからも長く使っていきたいグラスです。

スタッキングもできるので収納も楽ちんです。

 

 

やっぱり毎日使う食器はお気に入りのものを使っていたいです。

イッタラはデザインがシンプルで使いやすく、食洗機にも対応しているのでこれからも我が家の定番になると思います。