同居人と衝突せずに家のものを減らす方法。

スポンサーリンク

こんにちは、なおです。

 

彼の家に引っ越しをしてから約1か月ほど経ちます。

 

彼はミニマリストではなく、物が多すぎるとは言わないまでも、使われず管理もされてない物がたくさんあって、部屋で暮らすうちに気になってきてしまいました。

 

強制的に他人のものを処分するのはよくないけど、許可を取って不要なものを捨てるのなら問題ないだろうと思い、タイミングを見計らって処分を試みています。

 

 

 

不用品を処分するために私がやったこと

ほこりをかぶっていて明らかに使っていないものや、ほつれてしまった服は明らかに要らないものだと思ったのでまとめました。

ただ、あえて取っているものもあるので勝手に処分はしないようにしました。(2年以上使っていないアンドロイドを要らないんじゃないと聞いたら念のために取っておいていると言われてしまったのでガジェット系は触らないようにしています)

 

不用品をまとめたらタイミングを見計らって「これ要らなくない?」と聞きます。

聞くタイミングは彼が一息ついているとき、週1や月1の回収日の前日など。

要らないというのを確認して「明日回収日だから捨てておくね」としてあげれば次の朝には捨てられてすっきりです。

 

服に関してはいくつか要らなそうなものをピックアップしたときに、「これも」と言って他のものもクローゼットから引っ張りだしてもらえたので一気に処分することができました。

彼の物を処分したい!物は少なくあるべき!と声高に主張するわけではないけど、明らかに要らないものを場所をとって家に置いておく必要はないんじゃないかと思っています。

 

要らないものを処分して部屋がすっきりして暮らしが快適になったら彼も少しはミニマムライフに興味をもってくれるんじゃないかという希望的観測。

 

処分するときに気を付けたこと

 

家の中の不用品を見つけて処分すべきと思ったときに気を付けたことは、

勝手に処分しない

です。

実は大事なものだったら、レアなものだったら、買ってない使っていない私にはわからないけどそういうものを処分して関係が悪くなることは避けたいので、小さなものでも必ず聞くようにしました。

 

先ほどもちらっと言いましたが、タイミングにも気を付けました。

忙しいときは避けて、平日の夕食後や、休日、ごみ収集の前日など、

余裕をもって考えられて、かつ次の日には捨てられる、という日に聞くようにしました。

 

処分に時間がかかりそうな粗大ごみなどは私が代わりにやることで彼の負担を減らしつつ、部屋に大きなスペースを空けることに成功しました。

 

まとめ

ミニマリストの方で同居人の物が気になるという方は多いと思うのですが、私はあまり強制的ではない感じで自分から動いて働きかけるを意識しています。

どういう風に動くのはいいかは一緒に暮らしている人が一番よくわかると思うし、方法もそれぞれだと思います。

暮らしにあった物の整理で、より快適な暮らしを目指せたらいいなと思います。

 

それでは!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村