1本だけのお気に入りのジーンズを履いて生きいく。(ジーンズを探す旅)

スポンサーリンク

ジーンズを買うまで

ジーンズって便利ですよね。

色や形はたくさん種類があるけど、どんなトップスとも合わせらるし、洗濯機で回してもよれよれになったり破けたりしないし、生地が擦れて薄くなるには相当の時間がかかるし。

小さいころから何かしらのジーンズを買ってはお気に入りを履き倒すということをやってました。

ユニクロでも無印でもほかのブランドでも、5000円くらい出せばそこそこのクオリティのものが買えてしまいます。

でも今年は!本当にお気に入りのジーンズを探そう!と心に決めていたんです。

そしてジーンズを探す旅に出ました。

運命のジーンズに出会うまで

ジーンズを探す旅に出た私は、お出かけして服屋さんの前を通るたびによいジーンズはないかと探していました。

自分が買ったことのないブランドでもお店に入ってみて良い出会いがないかチェックし、

値段はあまり気にせず、ピンときた形があれば試着してフィット感や色味を見ました

リーバイス、レッドカード、ヤヌークといった高めのブランドから、ユニクロ、無印などのお手頃なブランドまで、デパートや店舗を渡り歩きました。

探していたのは色が濃いめで、つかずはなれずのフィット感生地はかたすぎず履いていて苦しくないもの、でした。予算は2万円くらいまで。

ついに運命のジーンズに出会う

そして見つけたのです!

見つけたのは会社の近くにあった商業施設にある「NOBLE」というお店です。ベイクルーズ系のお店です。

会社帰りにぶらっと立ち寄ってハンガーラックにかかっていたのを見て、いいなと思ったけど税込みで3万円弱…今までそんな値段のジーンズを買ったことはなかったし、果たしてそこまでの値段を出す価値はあるのか?と思いつつ、試着。

「お~!よい!足の形に合ってるしかっこいい!」

一目惚れ!(※なかなか一目惚れとかしないタイプです。)

しかし値段のこともあり即決できず、お店を後にしました。

それから半年くらいずっと悩んでいました。

もしかしたら他のブランドでもう少し安くていいものがあるかも?とかほんとにジーンズに3万円の価値ある?などの自問自答の日々。

見つけたお店でもう1度試着したときは前に試着したときの店員さんと同じ人で、顔まで覚えられていたという…そしてまた悩んで買わないという…恥ずかしい。

そして最初に見つけてから半年後、ついに買いました!長旅でした。

こうしてジーンズを探す旅は終わりを迎えました。

ジーンズを買ってから

ちなみに買ったのは「CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)」というアメリカで自社生産しているブランドで、

「7 for all Mankind(セブン フォー オール マンカインド)」というブランドのデザイナーが2003年に立ち上げたものらしいです。

写真だとのぺ~っとしているかもですが、履くとかっこよいです。

Elsa mid rise fit cropという型で、クロップと書いてあるけどくるぶしまでの丈でちょうどよいです。

着るときはこんな感じでシンプルにするのが好きです。

フィット感が絶妙なので、トップスにセーターを着てもいいし、チュニックやワンピースを合わせてもかわいいです。

買ってから週に2,3回は着ています。会社にも履いて行ってます。

 

お気に入りの服を着ること

ジーンズを買う長旅をしていて思ったのは、初めから「こういうものが欲しい!」と思って探すと、気に入るものは見つかるということです。

色々試着したし最短距離では見つからなかったけど、ジーンズのブランドや価格帯についても知ることができたし、自分の足に合うブランドを探すこともできました。

そして何より、そうやって見つけたお気に入りの服を着るのはとても気分が良いです。

「私は3万円のブランドもののジーンズを履いてるのよ!」というものではなく、

出かけるときに着ていく服が好きなものでテンションが上がる、というものです。

買ってからずっと、着るたびにテンションが上がってます。

そういうものを持つことは日々の生活を少しだけ豊かにしてくれると思います。

これからもそんな買い物をしたい。そう強く思ったお買い物の旅でした。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村